売上を上げるためのSEO対策。月々実行する施作項目も
オープンにして限りなく透明性のあるSEO対策を実行します。

SEO対策をする上で知っておくべきこととは

SEO対策とは

検索エンジンを開発運営しているGoogle。

Googleが何を評価し、サイトを評価するか

「ルール」を理解することが大切です。

Googleが公式に公表している評価指標はこちら https://about.google/intl/ja_JP/

Googleが『検索エンジン』を通じて達成したいこと

それは

Googleの使命

Googleが掲げる10の真実

Google公式サイト内容引用

要約すると

ユーザーが検索するキーワードに対して有益で情報を網羅している使いやすいサイトを上位表示させる

SEO対策で大切な2つのアプローチ

Googleの公式ルールから読み解く本質的対策軸

1.Googleへのアプローチ

サイト内容をGoogle検索エンジンに100%認識させる。

2.ユーザーへのアプローチ

知りたい情報を全て網羅,ユーザーが見やすく使いやすいサイトにする。

Google検索エンジンからの評価を上げる3つの対策

Googleの公式ルールから紐解くSEO対策
サイト情報を漏れなく検索エンジンに伝える
内部施作

サイト内容を検索エンジンに100%伝える

ユーザーにとって必要かつ有益な情報をサイト内に網羅する
コンテンツSEO

検索ユーザーが求めている情報を網羅する

ユーザーが使いやすいデザイン・導線設計を構築
サイト導線改善

ユーザーに見やすく使いやすい導線デザイン設計

内部施作

サイトの中身を100%検索エンジンに伝える
内部施作

内部施作とはサイトコンテンツを100%Googleに認識させるための施作

内部施作一覧

各ページの内容を伝える

・hタグ最適化
・titleタグ最適化
・meta description最適化
・画像altタグ設定

サイト全体を読み取らせる

・パンくずリスト設置
・内部リンクの設置
・リンク切れチェック
・エラー項目削除

サイトスピード改善

・画像遅延読み込み設定
・画像ファイル圧縮
・JavaやCSSを最適化
・サーバー応答時間改善
・titleタグ最適化
・meta description最適化
・画像altタグ最適化

ユーザビリティ設計

・文字サイズを最適化
・404エラーページ設定
・スマホ対応にする
・テキスト行間調整

構造化マークアップ

・HTMLマークアップ
・リッチスニペット対応

構造化マークアップについて

サイト内容をGoogle検索エンジンにより認識されやすいように

HTMLコードを構造化データでマークアップする手法です。

構造化データとは検索エンジンがHTMLで書かれた情報の認識を高めるために

置かれるコードです。

コンテンツSEO

コンテンツSEOとは、「ユーザーの検索意図に沿った独自性がありユーザーにとって悩みや疑問を解決できる有益なコンテンツ記事を投稿して、潜在顧客ユーザー訪問者を増加させるSEOの一つ」です。

ターゲットユーザーの検索意図をしっかり把握して、検索ユーザーの知りたい情報を網羅的かつ競合サイトと比較して独自性のあるコンテンツ作成が必要です。

検索エンジンが評価するコンテンツとは

  • Googleは検索ユーザーの利便性を重視して順位の決定、アルゴリズムの改善を行っている。
  • 検索ユーザーの疑問、悩みを一発で解決できるコンテンツは評価が高い。
  • 検索ユーザーの願望が一発で叶うコンテンツは評価が高い。
  • 検索ユーザーの検索コストを軽減できるコンテンツが評価が高い。
  • オリジナルのコンテンツは評価が高い。

網羅性と独自性があるコンテンツとは

1 網羅性

検索ユーザーの欲しい情報を全てサイト内に掲載している

2 独自性(権威性)

競合や他のサイトにはない独自の有益な情報をしている。

特に最近のSEO対策では以下の3つが大切です。

  1. Expertise(専門性)
  2. Authoritativeness(権威性)
  3. Trustworthiness(信頼性)

トピッククラスターについて

UI/UX

無料分析診断

よくある質問

料金プラン

SEOコンサルティング
コンテンツSEO

関連サービス